僕が居酒屋ではなく、ホームバー(宅飲み)をする理由

お酒の話

 

最近、食べ物ならなんでもつまみにしてしまう。

どうも、だにえるです。

今日は、このブログを始めるきっかけになった。

ホームバー(宅飲み)についてのお話です。

 

ホームバーを勧める理由

まず、ホームバーという言葉ですが、

実はこれ、ガソリンスタンドやドリンクバーと同じ和製英語なんです。

ホーム→家

バー→酒場

家の酒場、

なので、簡単にいうと宅飲みみたいなものと考えてもらえればなと思います。

そして、本題はここからです。

なぜ、居酒屋などの外飲みではなく、僕がホームバーをする理由ですが、

自分なりのメリット、デメリットを考えてみました。

メリット
・コストパフォーマンスが良い。
・その日の気分や体調に合わせた味、度数調整が出来る。
・色んなお酒の知識がつく。
・自分の時間としてゆったりしながら飲める。
デメリット
・初期費用がちょっとだけかかる。
・自分で作らないといけない。
・置く場所に困る。

という感じですかね。

それでは、ひとつひとつ解説していきましょう。

メリット
・コストパフォーマンスが良い。
まず、これが一番の理由です。
今回は、代表的なお酒で比べてみましょう。
前回の記事でも作りましたカシスオレンジです笑
それでは、居酒屋で飲んだ場合と比較してみましょう。
カシスオレンジ(居酒屋)→約500~800円
カシスオレンジ(ホームバー)→約80円
約6倍から10倍も値段が違います。
大体リキュール自体が1400円くらいで1本で20杯以上作ることが出来、オレンジジュース自体も安いのでとてもコストパフォーマンスが良いで
す!!
・その日の気分や体調に合わせた味、度数調整が出来る。
例えば、
お酒飲みたいけど明日もお仕事、、、
居酒屋などでつい飲みすぎちゃう人でも割るお酒をいつもより少なめに出来るなど、自分で調整することが出来ます。
・色んなお酒の知識がつく。
自分で作るわけですから、色んなお酒に挑戦したらその分知識がつきます。
意外と、職場の上司や同僚に重宝されますよ!!
・自分の時間としてゆったりしながら飲める。
閉店時間を気にすることなく、まったりと飲むことが出来ます。
例えば、録画していたドラマを観ながら一杯なんてことも出来るんです!!
なんか、優雅なひとときって感じがしませんか?
デメリット
・初期費用がちょっとだけかかる。
おうちで作るためにスピリッツ(ジンやウォッカ)やリキュール(カシスやピーチ)など買う必要があります。
大体、1本あたり800円から2000円くらいのものが多いですね。
・自分で作らないといけない。
作って、片づけるまで自分で行う必要があります。
酔ってからだと、ちょっとめんどくさく感じちゃうかもですね、、、
・置く場所に困る。
数本ならともかく、本数が多くなってきちゃうと
一人暮らしのワンルームのおうちなどでは置く場所に困っちゃうかも。
まとめ
いかがでしたか?
今回は、ホームバー(宅飲み)のメリット、デメリットについてでしたが、
メリットのほうが断然大きいと思います。
それに、バーテンダーの方などには負けますが、居酒屋などよりはおいしく作れると思います。
そして、お酒自体も意外と長持ちしますので、
みなさんも、ホームバーに挑戦してみてください!!!
ただ、飲みすぎには注意ですぞ。
では、次の更新までSee you!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました